高齢者が安心して暮らせるマンションやアパート

人口の減少がここ数年続いている我が国日本ですが、残念ながらこの傾向は今後も続くことが予想されています。

これは、日本の出生率と大きく関連があって、ある程度若い結婚適齢期の男女2人に対して、実際に生まれてくる子供は2人を大きく下回っている、いわゆる少子化の影響が背景にあります。

このため、日本において比較的安定した投資の対象となってきたマンションやアパートなども、そのあり方の変化を求められるようになってきているようです。

例えば以前までは若い世代が多かったこともあって、マンションやアパートは4人から5人程度の家族が暮らすことができる、いくつかの部屋があるものが主流となっていました。

しかし、最近は先述のように子供の数が少なくて核家族化が進んでいるし、何よりも高齢者の数が多いために、それに向けたマンションやアパートに対する需要が高まってきているのです。

こうした点において、必要とされるニーズに応えるためには、1人から3人程度までの高齢者を含む世帯が、安心して暮らしやすい物件を建設することが必要であるということはいうまでもありません。

では具体的にどのようなマンションやアパートが、高齢者にとって安心して暮らしやすいのでしょうか。

やはり基本となることは、バリアフリー化や手すりなどがあることは最低限クリアーすべきこととして、そこに介護や医療が安心して受けられる環境が必要だと言える。

最近では、すぐに病院などに連れて行けるよう、各医療機関と連携しているマンションなどもありますので、そういったところで生活できれば、安心で快適な老後生活が遅れることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket