マンションとアパートの違いは?

賃貸に住まれる際には、マンションとアパート、貸家などがあります。
貸家はその名の通り一軒家を賃貸にしたもので、共用の建築物でないということが特徴です。

ではマンションとアパートの違いですが、一般的にはほとんど変わりません。

マンションは鉄筋コンクリートなどの造りになっており、アパートは木造というくくりがありますが、それもあくまで参考となる分け方ですので、見た目や条件としてはわかりません。

不動産管理会社が物件紹介の時にそれぞれの紹介をしてしまえば、納得せざるを得ないということです。

ですがアパートの場合は木造というくくりのため、万が一に火災などが起こった場合にマンションよりも被害が大きくなります。

その時に誤った物件紹介をしていると虚偽の紹介をしたということでトラブルになります。

一般にマンションの方が賃料が少し高めになります。

もちろん構造による安全性の部分もありますが、階層に関する制限もありませんので、大型の物件も可になります。

不動産物件を検索される際にもどちらかを選択できるようになっておりますが、この項目にチェックを入れる方は少ないと思います。

それよりも設備や賃貸条件などで物件を探される方が多いのではないでしょうか。

マンションとアパートの違い費用について

一人暮らしや引越しを考えていてマンションとアパートどちらが良いのか、マンションは鉄筋コンクリート造でできておりアパートは木造である。

木造だと、隣人の部屋の話し声や咳などが聞こえ防音性が低いことがある。
だが、マンションでも壁が木造でできている場合があり、分譲ではありえないが賃貸ではよくあることだ。

家主が費用を削減し、外側だけをRC構造にし隣同士の部屋は木造というケースだ。
防音がしっかりしているかどうかは、壁を叩いてみる方法がある。

軽い音がすると木造で、また隣人の帰宅時間帯に合わせて下見をするのもオススメである。
古いマンションだと床が薄くできており、足音がかなり響くことがある。

安い物件には注意が必要である。

防音性を気にするなら、新し目の物件で作りがしっかりした物件を借りることだ。
費用面では、家賃や共益費がかかるマンションは割高である。

また、築年数が古いがリフォームをしていると不動産屋から言われても素直に信じない方が良い。

見た目はキレイな部屋だが、窓枠が歪み玄関のドアの隙間がヒドイなど問題があるかも知れない。

建物自体が古いと、リフォームしていても新築には負ける。ま
た、隣人や上下階の住人がどんな人かというのも重要ポイントである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket